カテゴリー : PC自作の目的・準備

自作するからには、目的をしっかり持つ!


さてさて、この記事で準備編は終わりとなります。

次回からはついにパーツの説明に! ということになりますが、その前の最終確認。

これを読んでいる方は、自作するからにはそれなりの目標があるのだと思います。ここでは、パーツ選びの時に必要な「目的・こだわり」について見ていきます。

 

・ゲーム用PCが作りたい

こういう方は結構多いのではないかと思います。私も、初自作の時にはまずこれが目標としてありました。

これに必要となってくるのはグラフィック性能でしょう。

 

・仕事用PCが作りたい

同じく、こちらもグラフィック関係。

しかし、用途によって選ぶべきパーツも変わってくるのです。

 

・とにかく安く作りたい

自作ならば実現可能かもしれません。超低価格PC。

 

・実験機を作りたい

玄人でしょうか。まれにこういう人もいるでしょう。

 

・自分だけのオリジナルが欲しい

それも理由のひとつです。しかし、もう少しだけ方向性を考えてみるとパーツも選び易くなるでしょう。

例えば、オリジナルというのをどの部分にするか。一番わかり易いのは「外見」でしょう。

ケースにこだわり、キーボードにこだわり。いろいろと可能性は見えてきそうです。

 

と、このぐらいでしょうか。目的によって注目するべきパーツも変わってくるということですね。

 

それではいよいよ、次回からはパーツの説明です!

 

 

自作初心者が陥りやすいミス


PCを自作するとき、何も参考にしないと言う方は少ないでしょう。

しかし、それでもミスは起こってしまうものです。この記事では、その代表的な物を紹介していきます。

 

・パーツの規格が合っていない

これは致命的なミスです。やる人はあまり多くないとは思いますが。

マザーボードさえ決まってしまえばあとはそこに合わせるだけではありますが、見落としやすいものとしては「CPUのソケット規格」「メモリの規格」「グラフィックボードの規格」などがあります。

詳しくは各項目で説明していきますが、ちょっと心の隅にでも留めておいてください。

 

・何かを忘れている

もちろん、パーツのうちの「何か」ということです。

「予算ギリギリでなんとか納得のいく構成を完成させたぞ」と思っても、実は考えていないパーツがあったら目もあてられません。

最初に一覧を作り、それに沿ってパーツを揃えていきましょう。

 

・電気代が……

自作PCで快適生活! と楽しんでいるのはいいのですが、次の月の電気代を見て「……」となるケース。

これも予算計算のうち。詳しくは電源の項目で説明しますが、ちょっと頭に入れておきましょう。

 

ひとまずはこれぐらいでしょうか。

さっさと実用的な内容に移りたいところですが、次が終わればついに各パーツの説明となります。

自作に必要な道具たち


PC自作を決めたら、次はそのために必要な道具を見ていきましょう。

 

……とは言ったものの、実はそんなに道具というものは必要ないのです。

ほとんどの方が触ったことのある「プラス・マイナスドライバー」があれば、全部の工程が完了できると思ってもいいでしょう。

ただし、単純にドライバーと言ってもサイズが様々です。PCの組み立て時には全て同じネジを使用するわけではないので、いくつか大きさを用意しておくことにしましょう。

ドライバーは極普通のもので構わないので、セットで売られている安価なもので構わないでしょう。そこにお金を使ってしまってはもったいないですしね(笑)

 

ドライバーさえあればもうほとんど道具は要らないのですが、あると便利な小物たちを紹介しておきます。

 

・ダンボールの板

これは、マザーボード(PCパーツを組み込んでいく板)に他のパーツを組み込んでいく時に、下に敷いておくと(個人的には)いいと思うものです。

というのも、マザーボードは裏側が真平らではない(細かい部品が組み込まれている)ため、床においた状態でパーツを組み込もうとすると傷つけてしまう可能性があるのです。

加えて、メモリなどの一部パーツは(時たま)ものすごくはまりにくいです。私自身、初めての自作の時に「こうもはまらないものか」と心配になりました。

ダンボールの板と書いたのは、細かいパーツを傷つけることなく、さらにある程度の安定性があるからです。もしもなければパーツの箱を利用しても構いませんが、あるのなら捨ててもいいダンボール箱を利用しましょう。

 

・小さなケース

これは、組み立て時に出てくるネジを分けておくためのものです。

なくても構いませんが、あると分かりやすいので代用できるものを用意しておくといいでしょう。

 

自作PCのために必要な道具に「これ」という決まったものは(ドライバー以外には)特にないと思います。自分なりに作業をしてみて、やりづらいと思ったらその都度工夫してみましょう。

次は、自作の時のミスについてです。