よりよいPCのために


よりよいPCを作っていくために大切なことは何でしょうか?

ここでは、自作PCを進化させることについて考えてみます。

 

・パーツ交換

数年が過ぎれば、市場に出回るパーツはどんどん新しくなっていきます。

扱わなければならないソフトウェアも、必要とするスペックは高くなっていくでしょう。

そうなったとき、パーツ交換が必要になるときが来るかも知れません。

それが出来るのが自作の強みでもあるわけですね。

ただし、根本のパーツから交換となると若干厄介です。

CPU・マザーボードの交換をすればOSの再インストールが必要になるかも知れません。

ただ、こういう場合にも今の環境をそのまま移行できるソフトがあるので、維持しておきたい場合には使用するといいでしょう。

その時までに予算ができているのなら、もう一台自作という手も……?

 

・市場に目を光らせておく

最新のパーツを知らなければ、どんどん置いていかれてしまいます。

現状に満足せずに、常に新しいものを取り入れるようにしていきましょう。

 

・他の人の自作を手伝ってみる

これは、自作についての知識を深めることにもなるので結構大切です。

トラブルに対応するスキルも身につくでしょう。

そこで発見した新たな知識を、今後に生かしていくことも可能です。

 

・今のスペックを把握しておく

現状が分からなければどこを改善すべきなのかも分かりません。

自分のPCの性能は細部に渡るまで把握しておきましょう。

 

さて、説明続きだった一連の記事もこれで最後となります。

皆様の自作に、少しは役だったでしょうか。

そうであることを願いつつ、私もまた自作がしたくなってきています。

 

あまり長くなるのもあれなので、最後に一言だけ重要なことを。

「分からないことは聞かずにまず自分で調べること」

このスキルを身につけることが、自作においての極意ではないかと思われます。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。